どこにも載っていない足底筋膜炎改善法

人間色々な原因で痛みが出ますが、この足の裏の痛み

足底筋膜炎に関してはあまり言われる事は少なく感じます。

(実際人口の10%の人が罹患するらしいです)

 

実際この痛みで悩まれてる方のお話を聞くと

『踵をついた瞬間に飛び上がるほどの痛みを感じる』

『踵がつけないのでつま先で歩くようになった』

『踵の痛みがこんなに辛いとは思わなかった』

と言われます。

 

足底筋膜の役目としては

足のアーチを支持する役目があります。

足のアーチが崩れると足のクッション性がなくなり

歩くのにも、走るのにも負担になるようになります。

 

足底筋膜炎と呼ばれるものの主な症状は

・歩いたり体重がかかると痛む

・歩かなくてもじんじん痛い

・朝起きての一歩目が痛すぎて歩けない

などの症状が特徴です。

 

原因としては

・よく歩いたりする、走ったりする

・何か硬いものを踏みつけてしまった

・足の裏の足底筋膜自体に傷が入ってしまう

・踵に棘ができる

・体重の増加など

 

こういう風に言われていますが実際のところ

・あまり歩いたりしない人でもなる

・硬いものを踏みつけた記憶がない

・踵の棘あっても痛みはなくなる

・細い人でもなる

矛盾も多くあります。

 

今回お伝えする事もこれらと同じような事。

こんな事で改善するのかと思われるかもしれませんが

当院では実際これらで改善するパターンは多く、

一番最初に検査する場所になります。

 

なかなか改善のない足底筋膜炎は

一度このやり方で痛みが変わるかやってみて

くれませんか?

何か疑問があればご質問ください

腰痛・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症に効くツボ10選その2

 

 

 

 

 

今回も腰痛・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症に特に効果の高いツボ10選をやっていきます。

ただ、2回目なのに4つ目に行ってるので10選は超えそうです。(汗)

タイトル変えようかな〜てもうすでに思っております。

 

今日は前腕にあるツボ

『孔最』

こうさいと読みます。

 

これは肺経と呼ばれる経絡のツボになり

腰痛に特に関係ある前腕の腕橈骨筋と呼ばれる

筋肉にあるツボになります。

 

この腕橈骨筋はパソコンや機械など手をよく使う人に痛みの出やすい

筋肉だったりします。腰痛や坐骨神経痛以外に

テニス肘や肩こりにも効いたりします。

 

この筋肉が腰痛に効くというのを

まだまだ知らない治療家はたくさんいます。

 

治療家が知らないのであれば一般の方はまずこの筋肉が腰痛に

効くとは知りません。治療をしている最中でもここが腰痛に

効くと言っても信用してもらえません。

 

治療後はビックリするんで気持ちがいいんですが(笑)

 

取穴部位・・・前腕前橈側にあり、太淵穴の上7寸

尺沢穴の下3寸に取る。

 

相変わらずツボの取穴は難しい言葉が出てきますよね。

あくまで目安なのでそんなにしっかり取らなくても大丈夫です。

 

筋肉・・・腕橈骨筋

効能は・・・腰痛・咳・肺疾患・母指麻痺・扁桃肥大・風邪・肺炎など

 

このツボは郄穴と呼ばれる急性期に特に効果の高いとされているツボです。

咳が続いている時に押すとめっちゃ痛いです。

これの他に合谷・肺兪・風門・大椎などと組み合わすと

発熱などに対応できたりします。

 

風邪の時などはお灸で孔最と体を温めて、

栄養のあるものをしっかり食べて、しっかり休養で風邪は

早く治ります。

 

最後にここをマッサージするときは優しくしてくださいね。

あまり強くしすぎると炎症を起こしたり違うところが

痛くなったりするんでそこは気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

咳の止める最善の方法

これからの時期風邪をひきやすい体に厳しい季節になります。

症状として

熱、だるさ、鼻水、咳など

風邪特有の症状があります。

今回は咳を止めるツボの説明です

蓄膿のせいで集中力落ちてませんか?

鼻の奥がすっきりしない

頭が痛い

など蓄膿は色々症状を出しますがこれが出ると大変

それは集中力の低下。

自分自身これのせいで勉強が思うように進まず

国家試験失敗するところでした。

あなたが、もし集中力の低下や記憶力が落ちたと思ったら

これのせいかもしれないんで

一度しっかり見てもらってくださいね

坐骨神経痛はここにお灸をするだけで治る

今回は坐骨神経痛の原因といえばココくらい

メジャーな筋肉です。

 

でも意外とここの場所をちゃんと触診できない

整体師や柔道整復師は結構多かったりします。

そんなに難しくないんだけど。

 

ここを押さえて痛みが変わるかチェックして

変わればここにお灸をやってみて。

そんなに重症じゃなければ簡単に治ってしまいsます。

 

一度お試しアレ

眼精疲労ならここに〇〇するだけでオッケー

坐骨神経痛や腰痛のことばかりやっていたので

今回は違う内容でいきます。

パソコン作業は椅子に座っているので腰痛にもなったりします。

それと同じくらいなるのがこんな状態。

スマホやパソコンをやっていると目の奥がキリキリしたり

目がボーとしたりしませんか?

それはきっと眼精疲労になっている状態です。

眼精疲労が進んでいくと視力の低下や

集中力の低下につながるので直ちに対策をした方がいいです。

しかもこんな簡単にできるんだからなおさらやりましょう。

坐骨神経痛を自分で治そう その2

立ち仕事をしていて、スネから下にしびれや

痛みが出ている人、ここが原因かもしれません。

そもそも臀筋や腰の変性から痛みが出ている場合

足から下だけが痛いとかしびれるはないです。

足が原因であるからこそスネ付近が痛みが出ます。

今回は特に痛みを出しやすい前脛骨筋の調整方法です

坐骨神経痛ならおまかせ下さい。

http://1979ruka.boy.jp

整体院 ミナミノ

坐骨神経痛を自分で治そう

僕もかつてはこれで地獄を見ました。

その名は坐骨神経痛。

寝ている時以外、痛みで全く動けない。

地獄の坐骨神経痛とは座骨神経に沿って出る痛みですが

本来腰椎の変性やヘルニアなどの異常があって

かつては出ると言われてました。

最近では、筋肉に硬結ができて

神経痛に似た痺れや痛みを出すといわれる

ようにもなってきました。

その痺れを出す筋肉に中臀筋と呼ばれるものが

筋肉があります。

今回はその筋肉の場所と、ポジション、お灸のやり方などを説明しています

坐骨神経痛改善にはここが大事

坐骨神経痛と聞くだけで僕は昔の自分を思い出します。

痛みで一週間寝たきりになり、この坐骨神経痛を

治してくれるところを探しました。

今ではそんなところも減ってきましたが

当時は力いっぱいマッサージしたり

ボキボキするところがまだまだ主流だったので

全然違和感を感じませんでした。

坐骨神経痛にも色々原因はありますが、

筋、筋膜系に何かしらの問題がある場合が多くあると感じます。

自分でどうにかできればいいのにと思う方はたくさんいるはず。

そこで今回は自分でできる

自宅で簡単坐骨神経痛改善法を公開したいと思います。

今回は腰痛、坐骨神経痛をよく引き起こす筋肉の

大腰筋です。

寝ながらできるので立っているのも辛い方

一度お試しくださいね。